http://itodama.jugem.jp/
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

春にむけて
 

下の日記で書いた「リネンのハンドニット」
近所の手芸屋ではまだ見かけてないなあ〜と思ったからネットで買ったけど、
今日たまたま行ったら普通に売ってた・・・
まあ送料無料だからいいんですけど〜。

で、届いたら表紙のターバンを編みたいと思ってるので、
それ用の糸を紡ぎました。
麻はあまり紡ぐの好きじゃないので、
シルクです。ただの糸もつまらないのでサリーシルクを少々。
かなり間隔空けて入れたので、そんなにうるさくならないはず。

昨日、ケンタロウ(料理研究家の)とデートする夢見た。
付き合う事になりそう・・・みたいな微妙な時期の設定で
ときめいちゃった〜・笑
「男子ごはん」の見過ぎだな。
つむぐ人。
 ほぼ日で「つむぐ人。」というコラムが始まりました。

糸紡ぎに関して、とても親しみ易く紹介してあります。
アナンダについても触れてあるし、
「羊毛のしごと」の紹介も。
紡ぎを始めた頃は、この本を毎日お風呂に持ち込んで、読んでました。
羊毛に関するいろいろな手仕事について、限られたページ数で網羅されたものだから
この一冊だけでは・・・という部分もあるけど
本当に為になった本。

紡いでいる動画も、すごく素敵。
これを見て、始めたくなる人もいるだろうなあ。

なんか紡ぎたくなってきた〜  ウズウズ・・・

評価:
緒方 伶香
主婦の友社
¥ 1,680
(2006-09-01)

kakaraさん紡ぎカフェ

「紡ぎカフェ」に参加してきました。

まだ小さいこはるを連れて、参加したのが2年以上前
写真のこはる、ちっちゃ〜〜〜!!

それからローズに買い換えて、
渋谷手芸部でも紡ぎカフェをやってもらったり、
スピニングキャンプがあったり・・・
ず〜っと紡ぎにハマりっぱなしのわたし。
よっぽど自分に合ってるんだと思います。

作りたい、という気持ちを発散するにはいろいろな方法があって、
例えば料理であったり、洋裁であったり、編み物であったり。
どれも好きだけど、
「手紡ぎ」に関してだけは、何か特別なのです。

これからも地道に、あせらずに、ゆっくりと、
自分なりの手紡ぎを続けていきたいなあ。



レイコちゃんや、矢田先生も来てました。
ワークショップに参加する人の傍らで、いっぱい話しました。

白い糸


スピニングパーティーの時、ポンタさんで買ったクロスブレッド。

紡いだ事のない品種の羊毛が欲しくて、なんとなく選んだんだけど、
とにかくゴミが多かった〜  洗っても絡んでて取れない。
白だから余計目立つのね。
「よくやるね〜」と夫に言われながら、埋まったワラゴミを一個ずつ取り除く。
毛先も痛んでてちょっとひっぱったらちぎれちゃう感じ。
でも、チリチリとして弾力のある感じが気持ちいい。
手芸綿を紡いだらこんな感じかなあ。

迷ったけど、珍しく染めずに白い糸を紡ぐ事に。 
シルクと双糸にしています。
スライバーでは出ないザックリ感。
フリースはこういう質感がたまりませんな〜
荷開き祭

アナンダの荷開き祭へ。

荷開き祭はこれが初めてじゃないけど、買った事はなかった。
今回は同行者が居なくてシェア出来ないし、どうしようかな〜って思っていたけど、
1キロ買い出来るのもあるんだ!!
なんだなんだ〜 心配して損した。

ポルワスやコーモは自分が思ってた感じとは違ってて
対象外に。

で、なんとな〜く通りがかったロムニーにビビッ!
Kontiki Farmのだったけど、あれれ?ロムニーってこんなだったっけ?
クリンプも細かくて、ふっくらしていて、柔らかい。毛足も長すぎないし。
(結局、色が好きじゃなかったから買わなかったけど、あれはいいなあ)

あ、ちょっと待って、コリデールもすごく状態いいかも〜 束感バッチリ!!
うわ〜この色!!なんてやってるうちに欲しいものが絞れてきて
めずらしく、ロムニーとコリデールを買いました。

sawakoさん  とそのお友達に合流できて、そのまま三國万里子さんの展示へ。
入場制限されていた。大盛況。
三國さん、作品のイメージそのままの、素敵な方でした。
紡ぎもされるそうで、手紡ぎ糸の作品もあった。

1年編み貯めたものをこうして展示して、
そしてこんなにたくさんのひとが集まって・・・憧れるぅ〜
ここまで至るには、きっとたくさんの研究や努力があるのだろうけど。

そういえば、なかしましほさんのクッキーの本、まだ買ってないや〜
今度買おうっと。

荷開き祭や展示も楽しかったけど、
sawakoさん達との紡ぎ談義も楽しかったッス。

評価:
三國 万里子
文化出版局
¥ 1,365
(2009-09)

紡ぎ周辺のこと



6/27、紡ぎカフェが無事終わりました。
レポ的なものはコチラを読んで頂くとして、
ここにはそこに載せなかった写真を・・・





なんといっても影の主役はこの方でしょう!!
あ〜かわいかった。愛おしかった。
また会いたいなあ〜

あ、あの好評だったスピンドルはオンラインストアに並びます。
バッツも〜

そんで!!

話はちょっと飛ぶんですが、



これ!!

カカラさんに新しく入荷したフリースがすっごくいいのですよ〜
ハーフブレッドなんだけど〜。
状態が良いからこその、この束感。
洗ったりしないで、このひと房をいつまでも撫でていたい・・・
(それじゃ意味ないけどさ)
でも、ある意味いちばん至福の時です。

私が買ったのは白なので、いつもの洗い方じゃダメかな〜
やっぱりひと房ひと房毛先の汚れを指で落とさなければいけないよね。
そんなことしてたら腰がどうにかなってしまいそうだけど。

やっと

ひっつめ髪がトレードマークのようになっていた私ですが
やっと髪を切りました。
結べないくらい短くしたのはたぶん10年くらいぶり?
こないだショートにした時の上野樹里みたいな感じ。
それよりもっと短いか。
本当はオリーブ的な、ぺったりとしたショートに憧れるのですが
多毛&クセ毛なのでどうしてもふんわり感が出てしまう・・・悲しい。
タオルドライで乾いちゃう。楽すぎる。気持ちいい!!
風呂あがり、寝たくて仕方ないこはるに
横でオイオイ泣かれながら髪を乾かすこともなくなった。
マメに美容院に行かないといけなくなっちゃったけど、しばらくこれでいこう。
私のひっつめ髪を、
私より気に入っていた夫になんと言われるかちょっと気になっていましたが
意外と評判は良いようです。本心はどうかわからないけど。


会社移転のせいで、年明けから少し生活のリズムが変わって
いまだに完全には順応出来ずにいます。

朝なんて、家中を走り回っています。
こはるはすごい早起きで、5時半とかに起きてしまうんだけど、
ということは、必然的に私も起きるんだけど、
余裕だ〜と思っていたはずなのに、
それでも家を出る時間が近づいてくると結局走り回っている。

週一日でいいから、会社が平日に休みだったらいいのに・・・
という叶わぬ夢をみています。


しばらく日記には書いていなかったけど、
細々と紡いでいます。

バッツをたくさん作って、ぐいぐい紡ぐ。







一番下の糸は、
ほぼ同じような糸を前の紡ぎ車でも作ったことがあるんだけど
その時はほんとに大変で。
要は、太すぎて吸い込まないのです。
だから、撚りが伝わったら、
手でボビンを回して無理矢理巻き取る、ということを繰り返して紡いだのです。
今思えば、よくやったもんだなあ・・・・

でも新しいマジャ先生はそんなことございません。
マジャ&ジャンボフライヤーのコンビは無敵です。
スイスイだよ。感動します。



おまけ。もんじゅ。

待ってました
 

本日、我が家にやってきました、
ルエのドラムカーダー!!

とりあえず、デザインがかわいすぎるので更新。
箱もすっごいかわいいのよ〜ん。

Batts作りまくってます。
imokuriでも出す予定。

しかしすごいよ、ドラムカーダーってやつは。
必死で手で混ぜてたのが、あっという間だもん。
私の大好きなウルグアイのスカードも、
いい感じにほぐすのが結構手間で、いつも時間がかかってたけど
これならっ。簡単に、そしてイイ塩梅に仕上がります。

アートヤーン好きならルエのドラムカーダーはチェック済みだと思うけど
昨年末、新しいデザインに変更になったのです。
「もちろん、粗目で!!」とお願いしたのだけど
それは新しいラインにはないとのことで、普通のタイプに。
でも今日聞いたら、結局粗目も出たんだって。
これから買う人は、粗目にしてもいいかもね〜。
私の使った感想としては、粗目じゃなくても、十分ザックリBattsは作れます。

とりあえず更新とかいいつつ、
結局熱く語ってしまいましたが・・・
Batts達は夜だし綺麗に撮れないのでまた明日〜